Macでデータのバックアップおよび復元方法

Jul 30,2019 • カテゴリ: Macデータ復元

なくしたデータを復旧・復元する一般方法

Mac上でデータを削除してしまって復元したい場合は、事前にデータのバックアップ機能を作動させておかなければいけません。 バックアップ機能は、Mac osxv10.5以降のバージョンにしか備わっていないので注意が必要です。 Time Machineを使えば、「24時間ごと」「2日に1回」「1週間に1回」などのバックアップが可能です。

Mac osでなくしたデータを復元するには、Time Machine機能のバックアップを有効にしておくことが前提となります。 データを復元するには、もともとあったファインダーを開きます。 メニューのプルダウンメニューより「Time Machineに入る」をクリックして現在のフォルダの情報が表示されます。 「^」ボタンをクリックすると過去のデータにさかのぼって表示することができます。 過去のファルダ―データの中の最新版の削除データが表示されたら、ファイルをクリックして下部に表示されている「復元」ボタンをクリックします。 選択されたデータファイルが復元されます。

Mac osの機能で削除したデータを復元するには、バックアップデータを取っていることが前提となります。

Windows7の復元機能を使っても復元できないような状況になった場合は、別にソフトを使って復元することができます。

おすすめは、Wondershare「Recoverit」ソフトでのデータの復元があります。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

Wonderahare Recoveritを使ってMacのバックアップしたデータを復元する手順を紹介します

ステップ1. 「復元したいファイルの場所を選択してください」というウィンドウが表示されますので、復元したいファイルを保存していた場所を選択し「開始」をクリックします。

保存場所選択

ステップ2. 復元したいファイルを検索します。

デバイスをスキャン

ステップ3. 復元したいファイルをプレビューして復元します。

スキャン終了後にファイルが見つかれば画面にリストアップされるので、復元したいファイルをチェックし復元ボタンをクリックしてください。復元したファイルを保存する場所を指定するウィンドウが表示されますので、適宜保存場所を指定します。 これでファイルの復元が開始されるので、後は待つばかりです。

プレビュー

復元

以上の操作でMacのなくしたデータを復元できます。また、Macだけでなく、Windowsシステムも対応しますので、なくしたデータを復元する場合ぜひWondershare「Recoverit」を使ってください。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / Macデータ復元 / Macでデータのバックアップおよび復元方法

すべての記事