サンディスクSDカードの無料修復ツールは?

大切なデータを保存するのに、サンディスクから販売されているSDカードは大容量なのが特徴です。そのため仕事用に使う機会が多いサン ディスクSDカードですが、仕事用で使う場合はエラーによる誤動作は起きてほしくないことです。そこでサン ディスクSDカードが誤動作をした時に、この記事では修復方法をいくつか紹介します。

Part1:サンディスクSDカードの一般的なエラー3種

サンディスクSDカードの一般的なエラーには、「データ破損」と「書き込みエラー」そして「エラーメッセージ」があります。

#書き込みエラー

サンディスクSDカードにデータを転送をしたときに、まれにデバイスからサンディスクSDカードへの書き込みエラーが出るときがあります。サンディスクSDカードに限らず、SDカードには間違えてデータの消去や転送をさせないためにロックのオンオフがあります。まずはサンディスクSDカードに取り付けられているロックがオフになっているか確認し、オフになっているのであればオンに切り替えてデータが移し替えられるか確認します。もしオンにしても出来なかった場合には、転送する機構自体が破損している可能性があります。

#エラーメッセージ

エラーメッセージが出る場合には、カメラなど機器にSDカードが対応していないもしくはSDカードがフォーマットされていないことで起きます。機器が対応していない場合には、利用している機器のホームページにアクセスし、対応するようにするデータがあればダウンロードします。フォーマットしなければならない場合には、パソコンのマイコンピューターからアクセスして、SDカードの表記から右クリックをしてフォーマットの項目があるので行います。ただフォーマットをする場合、カードが初期化されてしまうのでバックアップを取る必要があります。

Part2:サンディスクSDカードの四つの無料修復ツール

windows 10でサンディスクSDカードの一般的なエラー3種が起きた時には、元の状態に修復させる無料修復ツールという解決方法があるので試してみるとよいです。

#1Diskpart

Diskpartはディスク管理が出来る方法の一つで、ハードディスクの初期化やハードディスクの記憶領域を別の媒体に分割もしくは削除が出来る機能です。Windows10のタスクバーの「ここに入力して検索」という検索ボックスにdiskpartと入力すると、コマンドプロンプトのような表示が現れます。その項目の欄にディスクパーと書かれている部分があるので、「format fs=ntfs quick」と記入するとフォーマットが開始します。

#2Windowsに組み込まれたエラーチェックツール

Windowsに組み込まれたエラーチェックツールを利用する場合には、スタートメニューからコマンドプロンプトを起動します。そして記入欄に、「sfc /scannow」を記入しエンターキーで起動します。起動すると保護されているすべてのシステムファイルがスキャンされ、破損したファイルが圧縮フォルダーにあるキャッシュ コピーに置き換えられます。その後置き換えられたデータを、別の媒体に移し替えます

#3Windowsディスク管理

Windowsディスク管理を利用して修復をするには、スタートメニューからマイコンピューターを開き「ディスク管理」を起動します。項目の中にストレージがあり、その中にsdカードがあるので右クリックしてフォーマットするのです。

#4Windowsエクスプローラー

Windowsエクスプローラーを利用するには、スタートメニューをクリックするとエクスプローラーがあります。その下の欄に最近使用したデータがあるので、そこでフォーマットを行います。

Part3:フォーマット後にSandisk SDカードからデータを復元する方法

サンディスクSDカードをフォーマットをしてしまうと、基本的にパソコンで読み取れるようになっても中身のデータは消えてしまいます。しかしあきらめるのは早く、内部の記録媒体はレーザーで焼かれることで残っています。

そこでフォーマットした後に復元する方法として、ワンダーシェアのRecoveritを利用します。その利用方法はワンダーシェアのホームページにアクセスし、合っているRecoveritのバージョンプランを選択してダウンロードします。ダウンロードが終わりアプリが表示されたらクリックして起動し、その中にあるサンディスクSDカードをクリックするとフォーマットされたデータが出ます。そのデータを選択して復元を押すことで、元の状態に戻します。

エラーが出ても焦らずに対処しよう

情報端末同士で情報の伝達が出来るのがSandisk SDカードのメリットですが、利用する機会が多いからこそエラーが起きた時にはだれでも焦ってしまいます。エラーが出た時には焦らずに自力修復でフォーマットし、消えてしまったデータはRecoveritを利用して復元できるので安心してほしいです。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、削除してしまったデータの元保存場所を選択します。

SDカードをパソコンに接続して、「Recoverit」を起動してから、削除したファイルの元場所を選択します。今回はSDカードの復元なので、「外付けデバイス」にSDカードを選択して、「開始」をクリックします。

「外付けデバイスの復元」を選択

ステップ2 SDカードの消えたデータをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、SDカードから消えたデータをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

データをスキャン

ステップ3 SDカードの消えたデータをプレビューして復元します。

SDカードのデータをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいSDカードのファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

SDカードデータを復元

以上簡単な操作でSDカードから削除してしまった大事なデータが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、SDカードの復元だけではなく、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

SDカード復元するための注意事項

SDカードからデータを失ったことを気づくと、SDカードにデータを入れることをしないでください。理由としては、SDカードの削除されたデータが新しいデータに上書きされる可能性があります。また、SDカードがフォーマットされ、データが全部消えてしまった場合も、即時SDカードの利用を控えてください。

SDカードから大事なデータを失くした場合、失ったデータの形式にかかわらず、「Recoverit」で復元してみましょう。

ソニーカメラ動画修復ソフト

Recoverit - 強力なソニーカメラ動画修復ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > SDカード復元 > サンディスクSDカードの無料修復ツールは?

すべての記事

b