ドローンで撮った写真や動画を復元する方法の紹介

• カテゴリ: データ復元

ドローンは小型のカメラを搭載して写真や動画を撮影することが可能で、個人の趣味から報道などの公益な情報の収集までさまざまな分野で利用されています。 記録媒体にはSDカードが使用されていることが多いですが、過酷な利用環境や人為的なミスによって稀にファイルを消失してしまうことがあります。 そんな時はSDカードをパソコンに接続し、ツールを駆使してドローン復元をすることが可能です。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ドローンは電動のモーターでローターを高速回転させることで揚力を得て、空を飛び続けることができます。 機体が小型軽量であることから一箇所に留まるホバリングが長時間安定して行えたり、航空機やヘリコプターでは不可能な場所へも移動できることから従来の方法では不可能だった斬新なアングルの動画の撮影が可能となりました。 搭載しているカメラの性能も向上しフルハイビジョンや4kに対応した機種も増えており、同時にSDカードの転送速度も性能も高いものが求められ、4kの撮影であれば最低保証速度が30MbpsのUHS Speed Class3またはVideo Speed Class V30以上の製品がおすすめです。

常に過酷な環境の中にあるSDカード

ドローンに搭載したSDカードに保存されているデータが消失するのは、初期不良を除けば人為的なミスであるケースがほとんどです。 ドローンの操縦ミスにより墜落した場合はもちろんのこと、技術が未熟でランディング時に機体に衝撃が与えられるのとデータの書き込みが同時に発生した場合にはファイルシステムが損傷してしまう事態も考えられます。 また、常にモーターとローターの回転による振動を受けることから、スロットにSDカードがしっかりはまっていないと緩んで接触不良を起こしてしまうケースもあります。

パソコンでの操作ミスも気をつけたい

ドローンで写真や動画を撮影した後はそれらのデータが保存されているSDカードをパソコンで読み込ませて編集や加工を行い、ソーシャルメディアで配信したりDVDなどに保存する場合があります。 そんな時にありがちなのは作業中に編集前のデータを誤って削除した、全てのデータをパソコンに転送したと勘違いしてSDカードをフォーマットした、まだデータが転送中だったのに誤ってSDカードを抜いてしまったなどが原因で大切な写真や動画を失ってしまう経験をしたユーザーも少なくありません。 そのような状況に陥った場合にはかつてなら諦めるしかありませんでしたが、現在ではWondershareのRecoveritを利用して簡単に復元することが可能です。

「Recoverit」を通じてドローンの消えたデータを復元する方法

ステップ1 「Recoverit」を起動して、紛失したデータの元の場所を確認します。

デスクトップの「Recoverit」のアプリケーションをダブルクリックして、起動します。プログラムを起動後、「復元したいデータの場所を選択してください」画面が表示され、削除したデータの元保存場所を選択します。 共通の場所: ハードディスクドライブ:ローカルディスク(C:)、ローカルディスク(D:)、ローカルディスク(E:)など デスクトップ、ゴミ箱、フォルダなど 外付けドデバイス:SDカード、外付けHDD、デジカメのSDカード、USBメモリなど

filerecovery

ステップ2 失われたデータのスキャンが始まります。

「開始」をクリックすると、失われたデータのスキャンが始まります。 データスキャンの作業が進行中に、データをチェックすることができます。 復元しようとするデータが既に検出された場合、スキャンを一時停止して、それらのデータをまず復元することができます。 「続く」を押してスキャンを進めるか、あるいは「停止」を押してスキャンを停止します。

filerecovery

ステップ3 検出したデータをプレビュー確認して、保存先を選択してから復元が終わります。

スキャンの結果はファイルパスとファイルタイプ2つの形で、検出されたデータを表示します。 データを復元する前に、PDF、PPT、RAR、ZIP、Excel 及び画像形式(PNG、JPG、JPEG、TIFなど)がプレビュー可能です。プレビューするには、左側のフォルダを選択してリスト内のデータをダブルクリックしてください。

復元したいデータの前にチェックマークを入れて、「復元」ボタンをクリックします。復元されたデータを保存するための保存先を選択し、失われたデータを復元します。

filerecovery

ドローン復元を成功させるための注意事項

ファイルには名称や種別、作成された日付などが保存されているヘッダーとデータ本体の2つで構成されており、削除やフォーマット、その他のトラブルでヘッダーを失ってもデータ本体が残されていれば復元できる可能性があります。 しかし、ファイルシステムはそれらの領域には何も無いと判断してしまうので、新しいファイルが上書きされるとデータ本体も失われて復元が不可能となってしまいます。 そこで失ってしまうファイルを少しでも減らすためには、異常に気付いたら即座にSDカードの使用を停止してWondershareのRecoveritによる復元を試みるのがおすすめです。 もしも上書きされる前のデータ本体が残されていれば、Recoveritの強力な解析機能により高確率で復元することが可能です。

ドローンで使用するSDカードには大切な写真や動画が保存されていることが多くもしも失ってしまえば大きな痛手ですが、そんな時でもWondershareのRecoveritがあればほとんどのケースで復元することが可能です。 ドローンは利用環境や人為的なミスなどでファイルを失う可能性が常に付き纏うため、Recoveritをあらかじめインストールしておいていつでも対応できる体制を整えておくと安心です。

ファイル復元ソフト

Recoverit - ファイル復元ソフト

  • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

  • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

  • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元
人気記事
Home / データ復元 / ドローンで撮った写真や動画を復元する方法の紹介

すべての記事