Recoveritの使い方

Recvoerit for Windows

※「Recoverit(Win版)」使用上の注意:

  • 上書きされる可能性があるため、データを紛失したディスクには「Recoverit」をインストールしないでください。
  • データの上書きを防ぐため、復元されたデータを元の保存場所に保存しないでください。どうしても元の位置に戻したい場合、復元されたデータをコピー<ペースト(貼り付け)で元の保存場所に移動してください。
  • 復元率を向上するため、本ソフトはスキャンされたデータを保存する機能を提供致しません。 該当のファイルが検出されたら、どうか直接別の場所に保存してください。
  • Part1.Windowsで削除したデータを復元する手順

    ステップ 1. 「Recoverit(Win版)」を起動します。

    デスクトップの「Recoverit(Win版)」のアプリケーションをダブルクリックして、起動します。

    ステップ 2. 紛失したデータの元の場所を確認します。

    プログラムを起動後、「復元したいデータの場所を選択してください」画面が表示され、削除したデータの元保存場所を選択します。

    共通の場所: ハードディスクドライブ:ローカルディスク(C:)、ローカルディスク(D:)、ローカルディスク(E:)など
    デスクトップ、ゴミ箱、フォルダなど
    外付けドデバイス:SDカード、外付けHDD、デジカメのSDカード、USBメモリなど

    紛失したデータの元の場所を確認

    ステップ 3. 失われたデータのスキャンが始まります。

    「開始」をクリックすると、失われたデータのスキャンが始まります。
    データスキャンの作業が進行中に、データをチェックすることができます。
    復元しようとするデータが既に検出された場合、スキャンを一時停止して、それらのデータをまず復元することができます。
    「続く」を押してスキャンを進めるか、あるいは「停止」を押してスキャンを停止します。

    失われたデータをスキャン

    ステップ 4. 検出したデータをプレビュー確認します。

    スキャンの結果はファイルパスとファイルタイプ2つの形で、検出されたデータを表示します。

    データを復元する前に、PDF、PPT、RAR、ZIP、Excel 及び画像形式(PNG、JPG、JPEG、TIFなど)がプレビュー可能です。プレビューするには、左側のフォルダを選択してリスト内のデータをダブルクリックしてください。

    復元したいデータをプレビュー確認

    ステップ 5. 失われたデータを復元します。

    復元したいデータの前にチェックマークを入れて、「復元」ボタンをクリックします。復元されたデータを保存するための保存先を選択し、失われたデータを復元します。

    復元したいデータをプレビュー復元

    注意:復元されたデータを損失したデータが格納されていた領域に保存しないでください。新規保存したデータは元々のデータデータを上書きする場合があります。選択された保存先がソースボリュームと同じ場合、警告が表示されます。別のボリュームを選択するか、外部記憶メディアに復元されたデータを保存してください。

    Part2.ゴミ箱から削除したデータを復元する手順

    空きにしたゴミ箱からデータを復元する場合、「ごみ箱復元」機能を利用してください。

    ステップ 1. メイン画面の「場所」から、「ごみ箱」を選択して、「開始」ボタンをクリックします。

    ゴミ箱復元を選択

    ステップ 2. ゴミ箱から削除してしまったデータをスキャンします。

    Recoveritは自動的にクイックスキャンを開始して、ゴミ箱から完全に削除したデータをスキャンします。スキャンが終わった後、左側に検出されたファイルが現れます。一部のファイルはプレビュー可能です。

    ゴミ箱の削除したデータをスキャン

    ステップ 3. ゴミ箱から削除してしまったデータをプレビューして復元します。

    検出されたデータを詳しくプレビューすることができます。復元したいデータの前にチェックマークを入れて、復元ができます。

    ゴミ箱の削除したデータを復元

    Part3.システムクラッシュで消えたデータを復元する手順

    システムがクラッシュして起動しない場合、 Recoveritはなくした・読み込めできないデータを復元できます。まずはパソコンにRecoveritをダウンロードしてください。インストールした後、空のUSBドライブまたはCD / DVDを準備し て、パソコンに接続してください。

    ステップ 1. メイン画面の「クラッシュしたパソコンからデータを復元」機能を選択して、「開始」ボタンをクリックします。

    クラッシュしたパソコンからデータを復元

    ステップ 2. 起動メディアを作成します。

    Recoveritはブート可能なメディアを作ってクラッシュしたシステムからデータを抜き取ることができます。Windowsシステムが起動しない場合起動可能なドライブを作ってデータを復元できます。まずは「作成開始」ボタンをクリックして始めます。

    起動メディアを作成

    次に、ひとつのモードを選択してブート可能なドライブを作成してください。起動可能なUSBあるいはCD/DVDドライブを選択して、「作成」ボタンをクリックしてスタートします。

    起動メディアを作成

    起動可能なUSBドライブを選択した場合USBフラッシュドライブをフォーマットしますかというアラートメッセージが現れます。USBフラッシュドライブをフォーマットする前に必ず重要なデータをバックアップしてください。そして、「今すぐフォーマット」ボタンをクリックしてください。

    起動可能なUSBドライブを選択

    起動可能なドライブを作成中、USBフラッシュあるいはCD/DVDを取り出さないでください。完了まですこし時間がかかります。

    起動可能なドライブを作成中

    USBフラッシュドライブあるいはCD/DVDドライブを作成した後、データ復元に関するガイドが届きます。

    1. USB / CD / DVDドライブから起動するようにBIOSを調整する:クラッシュしたコンピュータを再起動し、最初の画面が表示されたらBIOS入力キーを押します。 このページでUSBドライブまたはCD / DVDドライブから起動するようにコンピュータを設定する方法を確認できます。
    2. USBフラッシュドライブあるいはCD/DVDドライブをパソコンに繋いで、パソコンを再起動してクラッシュしたシステムからデータを復元します。
    3. パソコンを再起動してクラッシュしたシステムからデータを復元します。

    作成完了

    Recoveritが選ばれる理由

    世界中に

    5,000,000+

    ユーザー

    世界

    160+

    国で販売

    15年+
    開発の歴史

    7日間
    返金保証

    500万人のユーザー様
    にサービスをご提供

    安全で
    ウィルスフリー保証

    年中24時間
    無償技術サポート