作動中のシステムクラッシュまたは起動問題におけるデータ復元

作業中にシステムがクラッシュした場合

ブルー/ブラックスクリーンクラッシュなどのシステムクラッシュの後にWindowsが起動できない、または他の起動に関する問題が発生していている場合でも、消失したデータを復元します。

起動できないコンピュータハードディスク

WinPEの起動可能ディスクを作成することで、100%安全に起動できないハードディスクから消失したデータをリカバリし、コンピュータシステムにアクセスすることができます。

WinPEの起動可能なメディアを作成する

システムにアクセスする目的でWinPEの起動可能メディアを作成し消失したデータをリカバリする際には、Windowsシステムを再インストールする必要はありません。

WinPE 起動可能なメディアでクラッシュしたシステムからデータを復元します

ステップ1:「システムクラッシュ後の紛失したデータの復元」モードを選択します

Recoveritをパソコンから起動して「システムクラッシュ後の紛失したデータの復元」モードを選択してスタートします。

ステップ2:起動可能なドライブを選びます

起動可能なUSBドライブあるいは CD/DVD ドライブを選択して起動可能なメディアを作成します。選択したドライブは後ほど操作でフォーマットされますので必ず事前にデータをバックアップを行ってください。

起動可能なメディアを作成します

「起動可能なメディア作成」は自動的にスタートします。作成完了するまでUSBフラッシュドライブあるいはCD/DVDドライブを取り出さないでください。

ステップ4:起動可能なメディアからデータを復元します

1.BIOSを調整して USB/CD/DVDから起動します:パソコンスクリーンからBIOSエントリーキーをプレスしてクラッシュしたパソコンを再起動します。パソコンからUSB/CD/DVDドライブを起動する方法については下記のページをご覧ください。
2.USBフラッシュドライブあるいはCD/DVDドライブをパソコンにセットします。
3.パソコンを再起動してクラッシュしたシステムからデータを復元します。

安全かつ強力なデータ復元ソフト