Windows7で削除したファイルを復元する方法の紹介

Jul 25,2019 • カテゴリ: Windows復元

みなさんはWindow7でデータをなくした経験がありませんか。Window7でデータを削除してしまう原因としては、大きく分けて3つ考えられます。

  • 1つ目はハードウェアの不具合によるデータの損失があります。
  • 2つ目は誤って削除してしまったり上書きしてしまったりした場合が考えられます。
  • 3つ目はOS自体が起動しないでデータが見られなくなった場合があります。

  • この場合は、OSのブートセクタが壊れてしまってOSが起動しなくなった場合が考えられます。

    Windows7で削除したファイルは復元できる?

    Windows7で失われてしまったデータを復元するには、データのバックアップを取っておいてから復元をすることが可能です。

    1.「スタート」ボタンをクリックして「コントロールパネル」を表示します。

    2.システムとセキュリティに「バックアップ」というメニューがあるのでマウスでクリックします。

    3.バックアップと復元のウインドウが表示されて前回取得したバックアップデータの日付やバックアップデータの概要が表示されます。 データのバックアップが行われていれば、復元が可能となります。下部にある「ファイルの復元」をクリックしてサブウインドウを表示します。表示されたサブウインドウには「ファイルの参照」・「フォルダの参照」ボタンがあり、ファイルごとの復元とフォルダごとの復元ができます。

    4.そこで「ファイルの参照」を選択します。すると、バックアップというフォルダが表示されるので、ダブルクリックします。中に入っているファイルの一覧が表示されます。

    5.ここで復元したいファイルを選択して、下部の「ファイルの追加」をクリックすると「次へ」ボタンが表示されるのでクリックします。コピー作業が行われて復元完了画面が表示されます。これでデータの復元が完了です。

    Wonderahare Recoveritを使ってWindows7で削除したファイルを復元する方法

    しかし、もしバックアップがなかったら、どうすればWindows7から削除したファイルを復元するのでしょうか。実は、Wonderahare 「Recoverit」を使うとパソコン上の削除してしまったファイルを復元するのに簡単な操作でできます。Osの復元機能だけでは、どうしてもサポートできない削除されたデータなどが出てきます。Osの機能では復元できないようなデータを復元するためにおすすめなのが、Wonderahare Recoveritソフトです。

    無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

    Wonderahare Recoveritを使ってWindowsのデータを復元する手順

    step1. 「復元したいファイルの場所を選択してください」というウィンドウが表示されますので、復元したいデータの元保存先を選択し「開始」をクリックします。

    保存場所選択

    step2. 復元したいデータをスキャンします。

    デバイスをスキャン

    step3. 復元したいファイルをプレビューして復元します。

    スキャン終了後にファイルが見つかれば画面にリストアップされるので、復元したいファイルをチェックし復元ボタンをクリックしてください。復元したファイルを保存する場所を指定するウィンドウが表示されますので、適宜保存場所を指定します。

    プレビュー

    復元

    データ復元ソフト

    Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
    • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
    • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
    人気記事
    表示する隠す
    Home / Windows復元 / Windows7で削除したファイルを復元する方法の紹介

    すべての記事