Windows10でデータが消えたり再インストールの際はファイル復元ソフト

Aug 13,2019 • カテゴリ: Windows復元

パソコンの操作ミスや強制終了、故障は内部のデータが消えてしまう原因の一つです。データの中には、仕事やプライベートに関係なく大切なものが沢山あるでしょう。また、OSを再インストールした時もハードディスクに入っていたデータは全て消えてしまいます。Windows10でこのようにして消えてしまったデータは、Wondershareから発売しているソフトの「Recoverit」で復元できます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ファイルを復元しなくてはいけない状況

普段、Windows10をきちんと大切に扱っているつもりでも仕事や個人的にパソコン操作の間違いをしてしまうことはよくあります。ファイルをゴミ箱に捨ててしまっただけなら、ゴミ箱を開いて右クリックで元の場所に戻すことはさほど難しくありません。しかし、そこで間違って削除してしまうと完全にハードディスクからデータが消えてしまうので注意が必要です。このような状況を解決してくれるのが、Wondershareから発売しているファイル復元ソフトの「Recoverit」です。ハードディスクから完全に消えてしまったファイルやデータでも、簡単に元に戻すことが出来ます。

OSを再インストールした時も要注意

OSの不具合やアップデートを目的に、Windows10などを再インストールすることがあります。しかし、OSを再インストールすると基本的にハードディスク内のファイルやデータは全て消えてしまいます。当然ですが、消えてしまったファイル等はゴミ箱に入っているわけではなく完全に消えた状態になってしまうので注意しましょう。仮に、インストール等で消えたファイルを復元したい時はWondershareから発売している復元ソフトの「Recoverit」が簡単に使えて便利です。

まずはダウンロードして準備しましょう

「Recoverit」を使う際は、まずWondershareの公式サイトでダウンロードをする必要があります。ソフトは、OSによって異なるのでWindows版を間違え無く選ぶように注意して下さい。ダウンロード後に、ソフトをインストールしたら準備完了です。準備が整ったら、最初にデスクトップに表示された「Recoverit」をクリックして起動させます。すると、削除してしまったファイルやゴミ箱などを復元する為のメニューが複数表示されるので「削除したファイルの復元」を選択します。

Wondershare recoveritでWindows10の削除したファイルを復元する方法

ステップ1. 「復元したいファイルの場所を選択してください」というウィンドウが表示されますので、復元したいファイルを保存していた場所を選択し「開始」をクリックします。

保存場所選択

ステップ2.  ファイルを検索します。

デバイスをスキャン

ステップ3.  復元したいファイルをプレビューして復元します。

スキャン終了後にファイルが見つかれば画面にリストアップされるので、復元したいファイルをチェックし復元ボタンをクリックしてください。復元したファイルを保存する場所を指定するウィンドウが表示されますので、適宜保存場所を指定します。 これでファイルの復元が開始されます。

プレビュー

復元

大切なデータが消えてしまった時はつい慌ててしまいますが、Wondershareから発売している復元ソフトの「Recoverit」を使えば問題はすぐに解決します。まずは、ファイルの保存から気を付ける事が大切ですが、困った時はまず「Recoverit」をインストールして使ってみましょう。インストールしておけば、大切なデータが保存されたパソコンを安心して使う事が出来ます。

1223

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / Windows復元 / Windows10でデータが消えたり再インストールの際はファイル復元ソフト

すべての記事