usb 故障復元 :故障したusbからデータを復元・復旧する方法

Sep 02,2019 • カテゴリ: USB復元

usb故障とは?

普段良く使う外部デバイスにUSBがあります。 usbには色々な使い方がありますが、その分故障することも良くあります。 usbを使っていて良く起こる現象として、限定のデータだけが読み書きができない場合があります。 データを認識しているのに、読み書きに非常に時間がかかることがあります。 データの読み書き以前の問題で、USB自体を認識してくれないようなケースがあります。

この場合は、データの有無ではなくUSB自体に問題があるため、データの復旧は難しくなります。 USB自体は認識しているが、容量表示が全く違うことがあります。 これは電気的な問題で正常に表示されていない可能性があります。 USBメモリーを接続すると「フォーマットする必要があります」というメッセージが出る場合があります。 この場合は、ファイルシステムが消失したか、セクター不良が原因だと考えられます。

故障したUSBのデータを復元する方法があります。 USBの故障の原因にもよりますが、ソフト的な要因で見えなくなったデータであれば復元ソフトを使うと完全に復元できます。 Wondershare 「Recoverit」 ソフトで、USBからなくしたデータを復元する手順を詳しく見ていきます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

Wondershare Recoveritを利用して故障したusbからデータを復元・復旧する手順

ステップ1 「外付けデバイス」に目標デバイスを選択します。

故障したusbをパソコンへ接続します。「外付けデバイス」にusbを選んで、「開始」ボタンをクリックしてスキャンを始めます。

目標選択

ステップ2 故障したusbのスキャンをします。

削除したデータをスキャン

ステップ3 「復元」ボタンをクリックして復元します。

スキャンが終わった後、見つけたファイルは形式ごとにリストされます。「復元」ボタンをクリックすることでデータは復元します(一部のデータはプレビューできます)。

ただし、元のデータ損失したusbにファイルを保存しないでください。

プレビュー

復元

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なusbデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / USB復元 / usb 故障復元 :故障したusbからデータを復元・復旧する方法

すべての記事