オススメのhddデータ復元ソフト比較サイト

"何らかのトラブルで、パソコン内のハードディスクに保存されていたデータを失ってしまったという経験はありませんか?そういった場合にはなんとも言えない脱力感を味わい、バックアップを取っておかなかったことを後悔する人が多いと思うのです、そういったファイルの消失の救済的ソフトウェアとして、hddの復元ソフトなどが存在するのはご存じですか?復元ソフトを利用すれば、失ったデータが戻ってくる可能性が多いにあるので、泣き寝入りする必要がないのです。 現在hdd内のデータを復元するソフトウェアは数多くありますが、中でも私がおすすめしたいかなり優秀なソフトウェアがあるので、今回そのソフトウェアの紹介と、他のソフトウェアと比較した場合どういった点が違っているのかをご説明していきたいと思います。 まず、今磐田市の一番おすすめできるhdd復元ソフトウェアは、Wondershare社の「Recoverit」というソフトウェアです。

HDDデータ復元ソフト


こちらのソフトウェアは、550種類上のファイル形式に対応しており、一般的に使われているファイルはほぼ復元可能な形式と思って頂いて間違いないと思います。対応するファイル数は、私の知る限りの他の復元ソフトと比較してみても一番多いように思います。 それと一番ありがたいと感じたのは、こういったある種専門的なソフトををあまり使わないような初心者でも簡単に簡単に使えるくらいに操作が簡単だということです。それこそ初めてこのソフトに触ったという方でも、分かりやすい操作画面のため、感覚的な操作で復元作業が出来てしまうので非常に便利です。

私は、「Recoverit」のお世話になる頻度が一番高い、一番おすすめのソフトウェアとなっています。他の復元ソフトに満足できない場合や、操作が難しくてよくわからない場合などはこのソフトウェアを利用してみるのはお勧めできます。万が一のために、復元ソフトを用意しておくことは、無駄にはならないと思うのです。"

「recoverit」の操作方法

ステップ1 復元モードを選択します。

Wondershare 「Recoverit」を起動したらメニューウィンドウが表示されます。 メニューには「削除したファイルの復元」「ごみ箱復元」「フォーマットデータ復元」「パーティション復元」「外付けデバイスの復元」「ウィルスで消えたデータの復元」「システムクラッシュ後の紛失データの復元」「万能復元」が表示されます。 表示されたメニューの「削除したファイルの復元」を選択するとサブウインドウが表示されます。

タブを選択

ステップ2  データ元の保存先を選択します。

紛失したデータ元に保存したハードディスクドライブ(ディスク C, D, E, F, G) を選択して「開始」ボタンをクリックしてからスキャンが開始されます。

タブを選択

ステップ3  紛失したファイルをプレビュー・復元します。

「Recoverit」はスキャンで見つけたファイルを復元する前にプレビューすることができます。目標ファイルに「復元」をクリックして復元が実現できます。

PSDファイルを復元

「Recoverit」は使いやすく、復元に関するスキルを事前に勉強する必要はありません。

人気記事
表示する隠す
Home / Ranking / オススメのhddデータ復元ソフト比較サイト

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?