Macゴミ箱復元 ーMacゴミ箱からデータを復元する方法

Aug 01,2019 • カテゴリ: ゴミ箱復元

Macのゴミ箱復元に関すること

Macで間違って削除してしまったデータを復元する方法はあるのでしょうか?windowsであればごみ箱にいったん保管されるので、簡単に復元できます。

Macの場合、同じようにごみ箱機能があるので、windowsのように簡単とは言えませんが一旦削除してしまっても、ごみ箱から復元できます。

Mac os XであればTime Machineという自動バックアップ機能があるので、こちらを使うと削除してしまったデータを復元できます。

バックアップを取る場合、外付けのデバイスを接続してから取ることができます。

外付けのハードディスクをMacに接続します。 アップルメニューからシステム環境設定を表示します。 システム環境設定ウインドウにTime Machineが表示されるので選択します。 Time Machineの設定画面が表示されるので、「ディスクを選択・・・」をクリックします。 Time Machineのスイッチをオンにします。

これで自動バックアップが有効となり、バックアップを指定の時間に行ってくれます。 バックアップができていれば復元は簡単です。

削除したファイルがあったファインダーを開きます。 アップルメニューより「Time Machineに入る」を選択します。 ファインダーには現在の状態が表示されるので、「^」ボタンをクリックすると、復元したい時期までさかのぼって見ることができます。 目的のファイルが見つかったら、ファイルを選択して「復元」をクリックします。 これで復元の完了です。 

Wonderahare 「Recoverit」 Mac版を使ってMacのゴミ箱からデータを復元する方法

しかし、ゴミ箱を空にしたらどうでしょうかね。 データを復元するには復元ソフトを使うともっと簡単に復元できます。 ごみ箱から削除してしまったデータも復元できます。Mac os以上の復元機能を備えているWonderahare Recoveritソフトはおすすめの復元ソフトです。Wonderahare「Recoverit」 Mac版があれば、ごみ箱から削除してしまったデータも復元できます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1:「ごみ箱」を選択します

「復元したいファイルの場所を選択してください」というウィンドウが表示されます。「ごみ箱」を選択して、ごみ箱の削除されたデータのスキャンが自動で開始されます。

ゴミ箱選択

ステップ2. 復元したいデータをスキャンします。

ゴミ箱をスキャン

ステップ3. 復元したいファイルをプレビューして復元します。

スキャン終了後にファイルが見つかれば画面にリストアップされるので、復元したいファイルをチェックし復元ボタンをクリックしてください。

プレビュー

復元

これだけのマウス操作だけでスキャンされたMacパソコンのごみ箱から削除したデータを復元できます。Wonderahare 「Recoverit」Mac版を入れておいてください。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / ゴミ箱復元 / Macゴミ箱復元 ーMacゴミ箱からデータを復元する方法

すべての記事